HOME  > お魚料理 > お役立ち > 深海魚を食べてみた > ソコクロダラ

深海魚を食べてみた・・・見た目は悪いが食べてビックリ!

【ソコクロダラ】 でかい口にビックリ!

≫ ソコクロダラはこんな魚

  1. ソコクロダラ
  2. ボテッとした大きな体に何でも飲み込んでしまいそうな大きな口が特徴の魚です。体はヌメーッとした粘液に包まれていて大きいこともあり少々つかみ難いのだ。この写真の固体は小さなものですが、大きなものになると1mを越えるものも少なくありません。これだけの体を維持していくのは大変だろうな。
  3. この写真にも見るように、第一背ビレが長くピーンと伸びています。また、大きな目が体の上の方についていることから、海底近くを泳いでいることが想像できます。自分の頭上に来た獲物を見つけたら、この大きな口でバクリと丸呑みにするのでしょう。
  1. 〔標準和名〕 ソコクロダラ 〔英名〕 Morid cod
  2. 〔分類〕 チゴダラ科  〔学名〕 Lepidion inoshimae
  3. 〔体長〕 60cm
  1. 深いところから釣り上げられたこともあり、目と口からは内蔵が飛び出しています。しまりがなくブヨブヨしているような体・・・まな板の上のコイツの姿はどう見ても美味そうに見えないのだ(^^;
  2. まな板の上のソコクロダラ

≫ ソコクロダラを調理する

  1. 包丁でジョリジョリとウロコを落として、三枚に。これだけ大きいと大変です。
  2. 三枚におろされたソコクロダラの身は白身できれいじゃないですか。触ってみると、意外としっかりとしています。どこかで見たことのあるような身です。冬に美味しいタラチリに入っているタラの切り身にそっくりです。
  3. 調理中のソコクロダラ ソコクロダラの身
  4. このソコクロダラは味噌汁とフライにします。何尾のソコクロダラをおろしたのかな?大きな容器にたっぷりです。これは「たら腹」食べられるぞ!
  5. ソコクロダラの切り身
  6. 味噌汁には、この切り身に軽く塩をしてから霜降りにして下準備します。大きな寸胴に好みの野菜類を煮て、下処理をした切り身をたっぷり入れて味噌で調味。寸胴にたっぷりの味噌汁の完成です。
  7. 寸胴で味噌汁 ソコクロダラの味噌汁
  8. ソコクロダラのフライは、切り身に軽く塩コショウをして、小麦粉をまぶして、卵とパン粉を付けて油の中へ。カラッと揚がれば出来上がりです。
  9. ソコクロダラのフライ ソコクロダラのフライの断面
  10. 味噌汁が美味いよ〜!タラやアンコウの上品な白身魚の味噌汁を食べているような味わいです。深海魚、いい味出しています。ただ、味噌汁にすると身が崩れてしまって、少々食べ難いところが難点。煮込まずにサッと火を通す程度がいいのかな。
    そしてフライもまた美味です。ふっくらとした身はほのかな甘味もあり、口の中でいい感じにほぐれていきます。ヘラツノザメのフライに比べて、身はしっかりとしています。好みもありますが、味もこちらの方がやや上か?